« August 2006 | Main | October 2006 »

2006 / 09 / 28 - Thursday

美しい日本語

「美しい日本語ができないのに、外国の言葉をやったってダメ」
「最低限の日本語の能力が身についてない現状がある」

…と、某大臣がのたまってます。('д')

小学校での英語必修化に関連する発言なんですが。それにしても、「最低限の日本語能力」「美しい日本語」とはどういった日本語(能力)を示すんだろうなぁ…。

日々、仕事で書類や報告書を書くにしても、プライベートでブログを書くにしても、自分自身の「日本語力」欠如に愕然とすることが多い。三十路をとっくに過ぎても…である。まぁ、文系が苦手で理系に逃げ込んだ面は否定しないけど、それでも日常のコミュニケーションには困らないと思っている。

「最低限の日本語力」はあると思うけど、「美しい日本語」を使えているかと聞かれたら…どうなんだ? ('д')

ま、多分「美しい日本語」は使えていないでしょうな。少なくとも、「完璧な日本語」には程遠いと思われ。某大臣に言わせれば、私なんぞは英語を学ぶ資格すら無いんでしょう。(笑)

結局の所、「母国語がままならんうちに他国語を習うのはダメ」といった発想する人は、「英語と日本語を脳内で相互変換して考える」というメソッドしか持たないのでは…と思う。違うメソッドが存在し得るのを想像できないんでしょうなぁ…。ま、TOEIC 400点ちょっとの私が言うのもアレですが。(笑)



変な(しかも不適切な)例で申し訳ないが、私は「標準語」「津軽弁」「南部弁」を使い分ける。長い時間をかけて「耳で覚えた」結果、それぞれの言語でほぼ不自由なく会話が出来る。

例えば「津軽弁」で会話をする時、脳内でいちいち「津軽弁と標準語で相互変換」を行うわけではない。脳内での言語モードが完全に「津軽弁モード」に切り替わっていて、津軽弁を聞き(理解し)、津軽弁で考え、津軽弁を発する。

確かに、英語と日本語の関係とは異なり、文法は同じで一部の単語が異なるだけという面はある。しかし、「津軽弁の表現」を標準語で的確に表現できない(ニュアンスが微妙に異なる)という事もある。

脳内での言語処理におけるレイヤとして、基本言語(母国語)の上に別言語(他国語)が乗るだけではなく、多様な言語を並列に(あるいは個別に)処理できる可能性もあるはずなのだ。

だから、成人とは比較にならないほど脳発達が活発な児童のうちに、英語に触れさせない手は無い。ただ、小学生のうちは「学習」である必要は無いと思う。あくまで「環境」として英語に慣れ親しむ方が良いと思うのだけど。

2006 / 09 / 26 - Tuesday

らーめん潤

某テレビ番組で、新潟の燕三条系ラーメンを紹介してて、えらい美味そうだにゃ〜(*´Д`*) …と思ってたら、蒲田にも「らーめん潤」という燕三条系のラーメン店があるということなので行ってみた。

台風が接近していた雨の日で、ただでさえ湿度と温度が高かったんだけど、店内はさらに暑くて湿度が高かった。('д')

らーめん大盛りと煮卵を注文してカウンターで待つ…。待ってるだけで汗ぐっしょり。(笑)

汗かきながらしばらく待って、ようやく出てきたラーメンを見てビックリ。('д')

らーめん大盛り

スープが受け皿にこぼれるほどの大盛りっぷリ。(笑)

大盛りが丁度良い腹あんばいになるラーメン店が多いので、ここでも何の気なしに大盛りを注文したんですが、失敗だったかも。ホントに多い。(^▽^;ゞ

麺は「うどんですか?('д')」と言うくらい太くてモチモチしてます。見た目はうどんですが、味はちゃんと「中華麺」で美味しいです。(笑)

テレビでは「背油が気にならないほどあっさりしている」と言ってたけど、それなりに背油はこってりと主張してました。まぁ、確かに「どぎつい」感じではなかったので問題ないんですが…。

この背油、好みの量を指定できるんですけど、最上級になると「鬼油」とか「地獄油」とか、表面一杯背油で満たされるという…。さすがにそこまでコッテリしたのはいらないです。('д')ノシ

とりあえず、店内暑すぎるので、寒くなってからもう一度行ってみようかな…。

F1日本グランプリ観戦決定

今年で最後(になりそうな)鈴鹿でのF1観戦をしたい!

ということで、自由席のチケットは用意していたものの、幼児を伴っての行動はかなり制限を受けるので、カミさんに行程計画を立ててもらい、行くか行かないかの最終判断を任せていました。

先日、ようやくカミさんの判断が下り、「行く」のが確定。とはいえ、けして楽な行程ではないです。まぁ、行くと決まれば頑張って行くだけですが。

あとは…雨降らないといいな〜…というか、せめて台風来ないといいなぁ…。

2006 / 09 / 21 - Thursday

弥生軒のから揚げうどん

えー、すっかり食ネタブログと化してますが、気にせず次いってみよー!('д')ノ
#開き直った。('д')

仕事で我孫子に行くことがあるんですが、JR我孫子駅ホームにある立ち食いそば屋「弥生軒」にて「から揚げうどん」を食ってきました。

弥生軒 6号店

会社の先輩に勧められて知ったんだけど、知っている人は知ってる店だそうで。(笑)
かの山下清画伯が一時期働いていた店でもあるそうな。

券売機で「から揚げ(2個)そば/うどん」と「生卵」の食券を買って「うどんでお願いします〜」とおばちゃんに頼む。数分も待たずにどんぶりが出てく…

から揚げうどん+生卵

から揚げデカっ!Σ(゜ο゜ノ)ノ

いやまぁ、聞いてはいましたが、2個も乗せるといっぱいいっぱいですな。(笑)
#ちなみに「1個乗せ」のメニューもアリ。

こんがり揚げられた鳥のから揚げと、濃い目のつゆが良い具合にマッチして、結構美味いっス。うどんは…腰なさすぎでちょっとガッカリしたけど…

ぼくがはたらいていた弥生軒の「おそば」おいしいよ by山下清

…ああ、「おそば」が美味しいんすね、そうですか。
今度はそば食ってみまつ。('д')ゞ

2006 / 09 / 19 - Tuesday

帰省したらコレを食わねば…牛タン編

えー、帰省食い物ネタが続いておりますが、帰省絡みとしてはこれで最後っス。('д')ノ

今回は、地元青森ではなく、行きと帰りの道中での食べ物の話。東京・青森間の中間地点は仙台で、休憩や給油の関係で「仙台周辺のSAで一休み&食事」というパターンが多い。となれば、名物の牛タン関係のメニューを食さずにいられない…つーことで。

牛タンラーメンオイラが注文したのは「牛タンラーメン」。(´∀`)ノ まぁ、ぶっちゃけ「チャーシューが牛タンに取って代っただけ」なんだけど、まぁ、それなりに美味いです。(笑)

写真のは、確か那須高原SA(上り)で注文した物なんだけど、国見SA(下り)で注文したヤツは肉がもっと厚く、かつ量が多かったので食いごたえがありまくりでした。



牛タン丼カミさんが注文していたのはこちらの「牛タン丼」。こちらもぶっちゃけると、「牛丼の肉を牛タンに(以下略」………。(´∀`)

で、まぁ、こちらも想像通りの味です。(笑)


牛タンメニューは、アメリカ産牛肉の輸入停止のあおりを受けて高値になってるんですが、値段より気になるのが牛タンの「産地」。

大抵のメニューでは「オーストラリア産」とか「中国産」と書かれてるので、きっちり中国産は避けて注文してます。(笑)

使い分けにはパターンがあって、「塩焼などのシンプルな味付け」にはオーストラリア産、「味噌ダレ焼き等の濃い目の味付け」には中国産…といった具合。中国産の方が安いらしいけど、まぁ、さすがに食う気にはなれませんな。('д')

2006 / 09 / 16 - Saturday

帰省したらコレを食わねば…ラーメン編

カミさんの実家へ拠点を移し、やはり定番の「札幌館」にてラーメンを食す。で、私のお決まりのオーダーは…。

「味噌カレーバター牛乳 ('д')ノ」

みそかれーばたーぎゅうにゅう

えーと、味噌ラーメンにカレー・バター・牛乳をトッピング(?)した物で、一見「なんじゃこりゃ」的なんですが…美味いんスよこれが!('д')ノ

味噌スープにバターのコクを加えて、カレー味で引き締めておきつつ牛乳でまろやかに…と、自分で言ってて良くわからんのですが、この絶妙加減は食ってみればわかります。(笑)

他ではなかなか味わえないので、帰省時には極力食ってくるようにしてます。

2006 / 09 / 12 - Tuesday

帰省したらコレを食わねば…パフェ編

奥入瀬川のほとりにあるドライブイン「イッシン」にてパフェを食すのは、実家帰省時の恒例行事となりつつある。昨年は息子を親に預けて、カミさんと二人で行ったんだけど、今年は息子と親も連れて行ってみた。

ティーパフェ私はお気に入りの「ティーパフェ」と「ブレンドコーヒー」を注文。

写真撮り忘れてたので、去年撮ったやつを貼り付けときますが…。つか、改めて紹介文書くのも面倒なので、去年書いたやつをそのまま貼り付け。(笑)

「下半分がアイスティー(多分ダージリン系)で、その上にバニラアイス・生クリームたっぷり。トッピングにリンゴ・メロン・パイナップル・バナナ・みかん…とかとか。生クリームは甘すぎることもなく、無糖のアイスティーとあいまってかなりスッキリしてます。アイスティーも時間が経つにつれ、上のアイスが溶け出して徐々に味が変わっていったりと面白いっス。そして、なんつってもリンゴのデコレーションがスバラシイです。(笑) いや、もう、ホント、マジお勧め。('д')ノ」

…以上。('д')ノ

コーヒーの方はサイフォンで淹れてあり、コーヒーカップとフラスコがテーブルに出されます。雰囲気あってええよ〜。(*´Д`*)ノ
#ああ、写真撮り忘れたことが悔やまれる…。orz

で、パフェとコーヒー注文してから気がついたんだけど、ティーパフェって上の説明で書いている通り、半分が「アイスティー」なのよね…。つまり、普通のパフェとアイスティーとコーヒーを一緒に注文しちゃった状態に。('д')

まぁ、甘いパフェ部分を食しながらコーヒーをすすり、最後にアイスティーで喉を冷やす…という感じで美味しく頂きましたが。(´∀`)b

2006 / 09 / 11 - Monday

帰省したらコレを食わねば…馬刺し編

我が故郷の青森県十和田市は、過去に馬産地だった関係か、馬肉(桜肉)はそれほど珍しい食材ではなかった。で、数多くある桜料理の中でも大好物なのが「馬刺し」!ヽ(´▽`)ノ

実家に帰ると必ず「馬刺し食いたい〜!('д')ノ」と駄々こねて、隣町にある尾形という専門店まで出向き、美味い馬刺しを調達するのが恒例となっております。

今年は甘辛のタレで食したけど、普段はおろしニンニクをたっぷり入れた醤油をつけて食します。コレと白いご飯があれば十分なのです!('д')ノ

馬刺しウマー!\(>▽<)/

…超ベタ。('д')

2006 / 09 / 09 - Saturday

金を逃す

とりあえず東京に帰ってまいりましたが…。

帰りのドライブで、青森と秋田の県境にてスピード違反でキップ切られた。orz

それほどスピードは出していなかったものの、そこは時速80キロ制限だった罠。orz
ま、3点減点の罰金刑だけで済みはしたけど、次回免許更新時はゴールドから格下げ。
残念無念…ってまぁ、自業自得なのは重々承知ですが。

以降3ヶ月間無違反だと減点はリセットされるそうなので、とりあえず今年いっぱいはおとなしくしてます、ハイ。