« March 2009 | Main | May 2009 »

2009 / 04 / 27 - Monday

駆逐艦・秋風 完成♪

駆逐艦「秋風」完成で〜す!ヽ(´▽`)ノ

秋風:ジオラマ全景

海面のジオラマを作成して乗っけました。やっぱこうやって飾る方が絵になりますね〜♪(*´Д`*)

全速航行しているイメージですが、艦橋をはじめどこにもフィギュアは配置してないので…無人航行状態です。(笑)

主に使用したアフターパーツはこんな感じです。
・睦月・神風・峯風型用エッチング (ピットロード)
・駆逐艦装備セット、九六式25mm単装/連装機銃、手摺、探照灯 (ファインモールド)
・13号電探、垂直はしご、フェアリーダー (ライオンロア)
・リノリウム押え金具、弾薬箱、IJN装備品 (ジョーワールド)
・手摺、舷外電路、ボートダビット、測距儀、水密扉、絡車、etc… (ハセガワ)

秋風:艦首周辺

艦首の波は透明プラ板で大まかな形を作って、その上にジェルメディウムを盛って形にしています。前回作った時はメディウムのみでこのような形にしようと頑張ってみたのですが、薄く上方に盛り付けるのは難しくて断念しました。

秋風:艦尾周辺

今回は忘れずに旭日旗を掲げてます。(笑) 信号旗もいくつか掲げた方が絵になったかな〜。今度は挑戦してみよう。

ケースケースをかぶせるとこんな感じ。かな〜り窮屈な感じですな。(笑)

これはWAVE製T-CASEのSサイズなんですが、これより大きいケースとなると、モデルに対してかなり大きくなってしまうんですよねぇ…。

2009 / 04 / 26 - Sunday

海面を作成してみる

ウォーターラインモデルはジオラマで飾った方がグッと見栄えが増すので、簡単な海面を作成してみました。いきなり本番用(秋風用)を作る勇気は無かったので、最初は練習として、以前作った小型艦にあわせて作ってみました。

アクリル絵の具材料はこちら〜。('д')ノ

リキテックスのアクリル絵の具を使ってみました。あと、土台となる透明プラ板も利用します。

アクリル絵の具は、立体的な海面を表現する為に「ジェルメディウム」。着色用に透明タイプの「フタロシアニン ブルー」、そして波頭表現用の「チタニウム ホワイト」をチョイス。

海面船底と波のラインを描いた紙の上に、台座の大きさに切り出した透明プラ板を固定。その上にジェルメディウムを「べちゃべちゃ」と厚めに塗りつけて海面を表現します。もちろん、船底の部分は避けて塗りたくります。

ジェルメディウムは不透明な白ですが、乾燥すると無色透明になるので、下書きの線も透けて見えるようになります。

波を立てる基本の海面が出来たら、船が進む事で出来る波を作成します。

ジェルメディウムで山を作るように盛り付けていきます。ジェル状なのでかなり立体的に盛り付けられますが、いっぺんに盛り付けられる限度があるので、盛っては乾かし、盛っては乾かし…と繰り返して形を整えていきます。

着色形が出来上がったら着色。まずは海の色のブルーをある程度ムラを残しつつ塗ります。今回使用したフタロシアニンブルーは透明タイプなんですが、それ程透きとおった感じには仕上がりません。が、画像を見てわかるように、下に敷く色である程度風合いが変わります。

ブルーが乾いたら白で波頭や泡を表現。

台座に貼り付け完全に乾燥したら、台座に収まるよう四隅を切り落として整えます。

そして両面テープで台座に固定。台座の黒が海面に深みを与えて良い感じになった模様。(*´Д`*)

両面テープが透けて見えるかな〜と心配もしましたが、半透明タイプのテープを使用したのでほとんど目立ちませんでした。

完成

最後に船を両面テープで固定して完成〜!ヽ(´▽`)ノ

おぉ〜、なかなかそれっぽく出来たんじゃないでしょうか?(*´Д`*)

初めて作ってみたので、巧く出来るか不安でしたけど、思っていたより簡単でしたよ〜♪

2009 / 04 / 20 - Monday

駆逐艦・秋風2

秋風

少しずつ作り進めて何とかここまでたどり着きました。基本工作は大体完了して、後は汚し塗装と張り線だけ…ってそういや探照灯作り忘れてるな。('д')


秋風:艦橋周辺艦橋周辺です。画像をかなり拡大してしまうと、とんでもなく粗が目立ってしまうのでそこそこに。(´∀`)

各種エッチングパーツをどっさり投入してみていますが、どのパーツも極小サイズなので「綺麗に組み立てる」「綺麗に接着する」のが本当に難しいっスね。

秋風:艦尾周辺艦尾周辺です。爆雷装填台と投射機は本来3セット装備されているんですが、大きさ的に入りきらずに2セットで済ましています。あと、爆雷装填代の右舷側に爆雷軌条も伸びているんですが、スペースの関係上これも省略してます。

2009 / 04 / 11 - Saturday

クリスピー・クリーム・ドーナツ

先日、仕事の帰りにクリスピー・クリーム・ドーナツの横を通りかかったら、待ち時間の表示が「5分」となっていたので寄ってみました。普段は平日の昼間でも45分待ちとかざらだったので、どんだけ美味いのかと。気にはなりつつも、アホみたいな行列は大嫌いなので敬遠しとりましたが。

で、並んでいる時にメニューと共に試食用のドーナツをひとつ頂く。

「ほほう、サービス良いなぁ〜」と思いながらパクっと一口…。

……………。('〜')

あ、甘゛っ!!! (;゜д゜)

そういや本拠地はアメリカなんだっけ? ああ、どうりで…、あちらのお菓子はハンパなく甘いからな…。

試食ドーナツを何とか食いきった後にそのまま帰ろうかと思いつつ(笑)、とりあえず家族へのお土産として6つ買いました。

…で、案の定、カミさんにも不評。(´_ゝ`)

息子も半分食べたところで「ごちそうさま〜」…だそうで。(笑)

長蛇の列と地獄の甘さ、まさに二重苦、これぞ苦リスピー・苦リーム・ドーナっゲホッ!グホッ!

…。('д')

まぁ、なんだ…。

もう買いに行かネ。('д')

あ〜、定番(?)のシュガーコーティングタイプのヤツは激甘だけど、そうでないヤツは普通に甘くて美味かったです、が…まぁ、特筆する程でもなく。これだったらミスドとかで十分な気がシマス。(笑)

2009 / 04 / 03 - Friday

まおさん的散財

サムライ・ソード & とらぶる☆スクール
まおさんのHPでイラストを担当した単行本「サムライ・ソード」が発売されると知ったのでさっくりとAmazonにて注文。で、Amazonで検索してたらカードゲーム「とらぶるスクール」も発見。在庫数が1だったので慌てて追加注文。

サムライ・ソードの方はゲームブックなのですな〜。

…懐かしいなァ〜♪(*´Д`*)

昔はよくあったよね〜、ゲームブック。最近では珍しいんじゃなかろうか。帯にも「遊べるノベル『ゲームブック』を体験せよ」とか書かれてるくらいだし。

まだ最初のルールをサラッと読んだだけでゲーム本編には未突入なのですが、体力や運、装備なんかをシートに記入しながらサイコロを振って判定しながら進めていく…と、若干TRPGちっくな作りになってます。…これじゃ通勤中に電車の中で読むとかは無理ダナ。(笑)

とらぶる☆スクールもルールを読んだだけですが…う〜む、ルールがシンプルすぎてどの辺が駆け引きどころなのかわからん。(^^; まぁ、その辺は実際にプレイを重ねないとわからないかもしれませんが…遊ぶ相手がいねぇ…。orz 後でとりあえずカミさんと二人で遊んでみるか〜。(笑)

あ、肝心のイラストに関しては、どちらもまおさんらしい可愛さにあふれた絵柄でGoodです♪(*´Д`*)