« October 2018 | Main

2018 / 11 / 28 - Wednesday

初めてのポートレート撮影

お三方でパシャリ

10月末、うさぎおじさんあんきもさんが主催の「ポートレイト&クラフト撮影会」が開催され、私もうっかり参加してきました。

イベントスペースを借り切ってのポートレート撮影なんて初めての経験でしたので、うまく撮影できるのかとドキドキしながらの参加です。

結果としては、なんやかんやで楽しい撮影会となりましたが、いかんせん時間が足りなさ過ぎた!

もっともっと撮影したかった!
あれやこれや色々アングルやポーズを試してみたかった!
ポートレイト向けのレンズを用意すればよかった!
フラッシュも用意したかった!

…などなど、反省点も多々ありつつ、今回の経験を次の機会へ生かしていきたいなと思える、とても有意義な時間・経験となりました。

それでは、撮影した写真をズバババッっと公開したいと思います。


ヒーラー装備な「コスプレ」


まずは最初にお断りですが、当記事におけるコスプレ写真は、レイヤーのお三方に許可を得ての掲載となっております。転載は禁止ですのでご注意を。

さてさて、メインのコスプレポートレイト撮影ですが、モデルのお三方は偶然にもヒーラー装備でした。

しかも、ジョブ被りなしw 示し合わせたのか、偶然なのか…。

ともあれ、癒し系な雰囲気あふれる撮影と相成りました。


ほし★えぬさん (白魔道士/ニルヴァーナ/アコライトローブ)

ほし★えぬさん

ほし★えぬさんは白魔道士コスにて参戦。
「コスプレ久しぶりだー!」と仰ってましたが…w

装備は今回は序盤のレベルで入手できる「オシャレ装備」としても人気の高かった「アコライトローブ」ですね。

ほし★えぬさん

そして「ニルヴァーナ」。
この造形、再現度がとんでもないですね…。

ほし★えぬさん

コスプレ撮影会ではありますが、クラフト品の物撮りも兼ねていたので、このニルヴァーナをもっと撮影しておけばよかったなと後悔しています。

ほし★えぬさん

アコライトローブって序盤で入手できることもあって、結構シンプルなデザインかな〜と思ってましたが、こうやってみると結構ゴージャスですよねw 細かいパーツも丁寧に作ってあって素敵でした。

そうそう、ほし★えぬさんからは「コスプレはファンタジーなんだから、写実的に撮影するんじゃなくて、ファンタジーに撮影(現像)する方がイイ!」というありがたい言葉を頂戴しました。 ですので、今回の現像に関してはファンタジーを前面に押し出したつもりですw


かずささん(占星術師/モグモググローブ/コンステレーションアタイア)

かずささん

ファンフェス2016 コスプレコンテストで最優秀賞を勝ち取ったかずさ(逆咲)さん。 その時の鎧のイメージが強くて、なんとなく「防御力の高そうな方」と思っていましたが…w 今回は華麗な占星術師のコスプレでした。

AF3と呼ばれている「コンステレーションアタイア」ですが、本当にデザインが素敵ですよね。それを綺麗に再現されていてホントすごいです。

かずささん

みんな大好き「アーゼマ」のカード!w

かずささん

こういった小物もきっちり作るあたりが流石です。

かずささん

「この服はとにかくパーツが多くて…」という事で、(ここに載せた写真には写ってませんが)下部にぶら下がってるパーツとか、服の周りについてるパーツなんかをひとつひとつ制作し、「細かいところがどうなってるのかよくわからない」布を縫い合わせ、すべてを組み合わせて、ゲーム画面で見たイメージを再現してしまう…。 ホント、レイヤーさんて、ガチのリアルクラフターでもあるんですよね。

そうそう、モグモググローブの周りに浮いてるカードですが、ホントは透明なシートで輪を形作り、糸で釣ってます。が、「ファンタジーなんだから!」という事で、Photoshopで目立たなく加工してしまってます。 ちゃんとカードだけ浮いて見えません?w


菊正宗さん(学者/ラストリゾート/カンパニータバード)

菊正宗さん

お菊さんとはTwitter上で仲良くさせてもらってたんですが、リアルでちゃんと話をするのはほぼ初めてで。 以前からお菊さんを撮影したい、撮影したいと思っていたので、今回それが叶えられてとても嬉しかったです!

そんなお菊さんは学者で登場。 とはいえ、学者専用装備ではなくカンパニータバードなんですが、黒基調のキリッとした衣装が、白基調のラストリゾートとすごくマッチして素敵でした。

菊正宗さん

ほしさん、かずささんのふんわりしたシルエットと対照的に、すらっと引き締まったライン。 カッコよすなぁ〜!

菊正宗さん

衣装も丁寧な作りで素晴らしいんですが、このラストリゾートがとにかく凄くて! Twitterで製作過程を披露されてましたが、えらい反響で注目度が高かったですよね〜。

菊正宗さん

もうね、「ふぁー」とか「すげー」とか「しゅき!」とか語彙力を失いながらシャッターを切りまくってましたw


手の込んだ作りの「アイテム」


ハイアラガン・キャスターグリモア&ラストリゾート

FF14のコスプレ…となれば、衣装だけではなく「武器」の製作も避けては通れません。

FF14の武器はデザインが良いモノが多いですよね〜。 でも、ゲーム内での可動の仕組みが摩訶不思議でそのままでは「実現不可能」だったり、そもそもパーツが「浮いて」いたりと、リアルでの再現にはいろいろと苦労もあるようです。


■ハイアラガン・キャスターグリモア (制作:かずささん

ハイアラガン・キャスターグリモア

ファンフェス2014のコスコンで、ハイアラガンな召喚士で参加した時の武器…かと思って、過去の公式写真見てみたんですが、違う本持ってますね…アレ?w その後に作ったんですかね?

ともあれ、表面の装飾が凄いです。多数かつ複雑な曲線のパーツひとつひとつに合皮を貼っているのがもうね…凄いとしか…w (語彙力)

ハイアラガン・キャスターグリモア

さらに、内部にLEDを仕込んでて光る!! 写真ではその雰囲気を伝えきれないんですが、これがまたカッコ良くて!

アラガン装備は「光る」のも特徴なので、それをしっかり再現されるところがホント素晴らしいですよね!


■ラストリゾート (制作:菊正宗さん

ラストリゾート

私もTwitter上で制作過程を眺めておりましたので、実物を目にしたときの感動と言ったら…。 もうね…しゅげぇ…。(語彙ry)

ラストリゾート

ラストリゾート

ラストリゾート

ラストリゾート撮影しすぎ問題w

いやはや、この存在感に素材の質感! さぞかし重量があって物理DPSが高かろう…と思いつつ、恐る恐る手にさせてもらうと…「軽い!」

その重さの見た目とのギャップに、思わず笑ってしまいましたw 小物だけではなく衣装も同じなのですが、コスプレ会場への「運搬」だったり、身に着けた場合の「疲労」への対策として、できるだけ軽く作りたいのだそうで。 それでいて、軽さを感じさせないこの見た目ですからね〜。 ホント、クラフト能力が高くて感心しちゃいます。

ラストリゾート

背面のレトロな本棚とも雰囲気がマッチしてますねw

そうそう、この本もしっかり開くことが出来るんですが、ゲーム内では「閉じてる形状」と「開いてる形状」においてパーツの位置が摩訶不思議状態らしく、開閉の際に一部パーツを取り外して、しかるべき場所に付け直したり…という工夫もしているそうです。 うーむ、奥が深すぎる…。


■モグモググローブ (制作:かずささん

モグモググローブ

布の間から顔を見せるモグがカワイイ「モグモググローブ」w

占星術師の天球儀って、展開時は浮いてるパーツが多いじゃないですか。 それをどう表現するかは課題だと思うのですが、やはり、それらしく見せようとすると構造的に無理が出てきてしまうようで…。 かずささんは「強度が課題!」と仰ってました。

モグモググローブ単体での撮影はコレ1枚のみだった…。 もっと撮影しておくんだった!(ノ∀`*)ペチッ


■コロポックル (制作:ほし★えぬさん

コロポックル

きゃわわ…w (*´∀`*)

何とも言えない雰囲気を醸し出すコロポックル3体。 自立はできないので、私のアタッシュケース(通称:オカンのカバン)に立てかけての撮影と相成りましたw


■ウェイリングスピリット&コロコロポックル (制作:菊正宗さん

お化け装備

いつぞやの守護天節イベントで貰えたお化け装備のフィギュアっスねw

お供(?)のミニオンも最高ですw

お化け装備

この情けない表情がなんとも…w


撮影の舞台「オフショット」

今回の撮影会は、大正のアンティークな雰囲気あふれる喫茶店を貸切って行われました。

店内には素敵なアンティーク品がたくさんあって、それだけでも立派な被写体になるので、あちこち撮影していました。

一部撮影風景を交えつつ、雰囲気を感じてもらえればと思います。

レトロ感あふれる店内

機材たち

85mm GM …ほちい…w

雰囲気ある洋書

コーヒーメーカーなど

入口の古書とランプ

時計と写りこみ

ニ眼カメラ


撮影を終えて

いや〜、始まるまではドッキドキでしたが、いざ始まってしまえば(カメラマンたちは気の知れた連中だったのもあって)とても楽しい撮影会となりました。

今回モデルを務めていただいたお三方も気さくな方ばかりで、撮影中はもちろん、アフターでご飯食べながらのお話もとても楽しかったです!

うん、撮影はホント楽しかった! ただ時間が足りなかったのが残念! (ノ∀`*)ペチッ

そして現像の段階で、やはり「あーでもない」「こーでもない」「ここはこうしておけば良かった」等々、色々反省点ばかりが浮かび上がる結果でした。 それでも、いろいろ勉強できたので、参加して本当に良かったです。

レンズ交換式の一眼カメラを手にしてまだ半年も経ってませんが、もっとたくさん、色々な被写体にチャレンジしていきたいです。

今回の撮影イベントを企画してくださった、あんきもさん、うさぎおじさん。
素敵なモデルのほし★えぬさん、かずささん、菊正宗さん。
そして、一緒に撮影に臨んだ写真部の皆さん。

本当にありがとうございました! またやりましょう!

2018 / 11 / 19 - Monday

あの日の空と君のうた

11月17日、谷岡久美さんの作曲活動20(+1)周年ライブ「あの日の空と君のうた」に行ってきました。

当初、ライブは19時開演の1回のみだったのですが、チケットが早々に SOLD OUT! 私はチケットが取れずに枕を濡らしていたのですが、14時開演の追加公演が決まりまして、無事にチケットを確保できました。ありがたやー!

そしてライブ当日、ここしばらくすっきりしない天候でしたが、この日は気持ちのいい晴れ! MCで話されてたんですが、たにくみさん自身は晴れ女だそうですw

天王洲アイル駅

ライブ会場は天王洲アイルにある「KIWA」。 最寄りの天王洲アイル駅からてくてく歩くと、運河沿いにガラス張りのライブ会場が現れました。

KIWA

KIWA入口

ライブ案内

手書きの案内板があったかい雰囲気ですね♪


そしてライブ本番。

これまでのゲーム音楽やオリジナルアルバムから選曲した「第一部」。
アルバム「あの日の空と君のうた」を語りを交えて全曲演奏した「第二部」という構成でした。


第一部最初の曲は、FFXIより「Gustaberg」!!
XIではバストゥーク民だったので、いきなりの「故郷の曲」に目頭が熱くなります。

その後は、FFCCやラグナロクオデッセイ等のゲーム音楽、「SPRINT」や「冬木立」等のオリジナル曲、そして…

FFXIの「Awakening」がピアノソロで演奏されました。
過去XIにどっぷりハマった人間としては、嬉しい嬉しい選曲です。

その「Awakening」はピアノソロという事で、原曲とはかなり雰囲気が異なりましたが、それでもやはり「闇王」との戦いや、「裏世界」での思い出がよみがえりました。このピアノソロバージョン、また聴きたいなぁ…。

そして、「小さな羽」にて第一部は終了となりました。


小休止を挟んで第二部。

ヴォーカルの霜月はるかさんによる語りを交えながら、架空のゲームである「あの日の空と君のうた」のBGMを奏でる…という内容でした。

野口明生さんのティンホイッスル(アイリッシュフルート?)のおかげか、全体的にアイリッシュな雰囲気が漂う演奏で、どことなく懐かしさと、優しさと楽しさを感じる曲たちでした。


そしてアンコールは FFCC の「カゼノネ」で〆となりました。

ここからは写真OK!…という事で、その時に撮影したものをずんどこ載っけていきますw

演奏風景1

演奏風景2

前の人の頭に隠れて、フルートの野口さんが写ってませんが…(ノ∀`*)ペチッ


たにくみさん1

たにくみさん2

キャー! たにくみさーん!! \(≧▽≦)/


たにくみさんと壷井さん1

たにくみさんと壷井さん2

バイオリンの壷井彰久さん。
MCがとても面白かったですw
夜の部ではバイオリン忘れたままステージに上がってしまったハプニングもあったとかw


霜月はるかさん1

霜月はるかさん2

ヴォーカルの霜月はるかさん。
透き通った優しい歌声で、すべてのヴォーカル曲で歌われました。


藤野由佳さん&海沼正利さん&中村大史さん

藤野由佳さん&海沼正利さん1

藤野由佳さん&海沼正利さん2

アコーディオンの藤野由佳さんと、パーカッションの海沼正利さん。

藤野さんの体全体を使った演奏素敵でした。アコーディオンの音色は好きです…。

海沼さんはドラムだけではなく、色々な鳴り物を担当されていて忙しそうでしたけど、楽しそうに見えましたw


中村大史さん1

中村大史さん2

ギターの中村大史さん。
紫のハットがトレードマークですかね?w
物静かながら、軽やかな演奏でした。


たにくみさん3

たにくみさん4

アンコール曲も終わり、たにくみさんのMCで〆。

楽しい時間はあっという間ですね…。
そても素晴らしい時間・空間を満喫できました!
本当にありがとうございました!


終演後、会場やステージ上の楽器たちを撮影していましたので、その雰囲気をお伝えします。

ステージ

ガラス張りの天井

照明コントローラかな?

バーカウンター上のオブジェ

撮影時は既に陽が落ちて暗くなってしまってますが、壁面と天井がガラス張りのため、昼は自然光で明るく、晴れ渡った青空を仰ぎ見ることのできる素敵な会場でした。

壁面の木材の香りも相まって、とてもリラックスして聴くことが出来ました。


バイオリン

ギター

アコーディオン

ピアノ

ステージ上で夜の部に備えて休憩中の楽器たち。
ピアノの柄があまり見たことのない感じで面白いですよねw

そして、ステージ周辺をパシャパシャと撮影してたら…

ぶいっw

なんと、たにくみさんがやって来て、目の前でポーズをとってくれましたw

慌てて何枚か撮影させていただいたのですが、結構突然だったので、ピントやら構図やらがちょっとアレです…w (ノ∀`*)ペチッ


サイン戴きました!

せっかくなので、会場で購入したアルバムにサインしていただきました!
ありがとうございます!


キミハグ

その後は会場に残っていた方々との交流タイムとなっていました。
感極まって泣いちゃうファンの方も…。
たにくみさんが優しくハグされてました。(やさしい)


会場内を彩っていたフラワースタンド。
全て撮影できていないかもしれませんが…。

フラスタ(ガンホー森下さん)

フラスタ(FFCCリマスターチーム)

フラスタ(FFCCリマスターチーム)

フラスタ(アジアンビートレコーズ黒田さん)

フラスタ(アジアンビートレコーズ黒田さん)

フラスタ(河津さん・板鼻さん)

フラスタ(下村さん・亀岡さん)

フラスタ(ATTIC INC. 中條さん・岩城さん)


最後に物販で購入した「コンプリートセット」をお披露目しておきますw

コンプリートセット1

「コンプリートセット」は、そらきみCDと共に、各種グッズをトートバッグに詰め込んだお買い得品。

缶バッチっぽいものが3つ見えますが、ひとつはそのまま缶バッチ、大き目のやつは手鏡、そしてもう一つは何故か栓抜きですw

スクエニ板鼻さんのイラストがカワイイっスね…。


コンプリートセット2

「そらきみ」の設定本とクリアファイル。

あらかじめこの設定本を読んでおくとより楽しめる…との事でしたが、ライブは初見未予習で挑んでしまったので、後で読んでCD聴いて復習しときます…w (ノ∀`*)ペチッ


フライヤー

各座席にはチラシと共にフライヤーが置かれてましたが、すべてにたにくみさん直筆のサインが書かれていました。 これは嬉しいですよね〜。 本当にお疲れ様です。


あらためてライブを振り返ると、本当に豪華なメンバーでの演奏で、終始耳が幸せな状態でした。 小さいライブ会場ながらも、音響も良かったと思いますし、雰囲気も素敵でした。

作曲家活動20周年…実は21周年らしいですがw 本当におめでとうございます。 これからのご活躍も期待してます!!

Archives