« August 2011 | Main | October 2011 »

2011 / 09 / 21 - Wednesday

歌ネット

アンジーのインタビューが掲載されていることで初めて「歌ネット」というサービスを知ったんだけど、コレ、イイっスね!ヽ(´▽`)ノ

歌詞の検索サービスなんてものがあったんですね〜。知らなかった!

「〇〇〜♪ってフレーズの曲なんだっけ?」とか、「あの曲の歌詞どんなんだっけ?」とか調べるにはもってこいですなぁ。

歌詞の表示はFlashで表示されるので容易にはコピペできませんが、著作権の観点から丁度良い対応ではないかと。


5年程前に書いたブログ記事で大好きな曲について語るも、JASRACの壁のおかげで歌詞の素晴らしさをダイレクトに表現できず悶々としておりましたが…。

その曲、「走るそよ風たちへ」の歌詞もばっちり!ヽ(´▽`)ノ

あぁ…やっぱいい歌詞だなぁ…。(ノ▽Τ)


歌ネット自体は2001年からサービスが始まったらしいので、当時知っていればー!ヽ(´Д`)ノ

…と、思ったんですけど、どうやら当初は会員のみ歌詞閲覧可能だったらしいので、誰でも見られるようになるのはかなり後になってからみたいですね。

2011 / 09 / 12 - Monday

全滅エンド…

あの…惨劇の日…。

日常

みんな生き生きとしてた。
笑い声が絶えなかった。
何もかもが楽しかった…。


でも…。

切り裂くような悲鳴が、至福の時の終わりを告げた。


絶望の残響がこだまする中、降臨した悲劇の源に皆が視線を向けた。

そこには、異形の面をかぶった…いや、異形の姿へと変貌した、かつての仲間がそこにいた…。

あれは…ゾンビ!?


そして…ひとり…。

また…ひとり…。


皆が事態を理解する間もなく、ゾンビは増殖していた…。

悲劇の始まり
絶叫が、悲鳴が、瞬く間に広がっていた。
恐怖のあまり、ハチの巣をつついたように逃げ出す生者達…。


惨劇の予感
生者が消えた聖堂に、生ける屍たちが佇んでいた。
最初の犠牲者らしきゾンビがボソリと呟いた。

「かゆ (´ ゜ω 。`) うま…」

そして彼らは生者を求めて走り出す…。


増殖
逃げ惑う生者を執拗に追い詰める。
生者の懇願は彼らの耳に届かない。
ひとり…またひとりと、生ける屍の仲間を増やしていく…。


終局へ
生き残りもあとわずか。
群れを成したゾンビたちに追い詰められる生者。

 :
 :
 :
 :
そして
 :
 :
 :
 :

全滅エンド…
彼らはまた、仲間となった…。


D E A D  E N D




はい!

というわけで、9月11日に実施された「ウルダハ・オブ・ザ・デッドVer.W」に参加してきました!ヽ(´▽`)ノ

いやー!楽しかった!(*'ω'*)b

ルールは至極簡単!
初期鬼(今回は3人)が生者を追い回し、サクリファをかけられたらその人もゾンビ化、15分経って生き残ったら生者の勝利! 全滅したらゾンビの勝利?…という鬼増殖型の鬼ごっこです。

あっという間に増殖するゾンビから逃れるために、人が多いところに紛れ込んで表示制限を利用しようとしたり、エリア境界に潜んでゾンビの目をくらませたり…と、ウルダハならではの戦略も垣間見られて面白かったですw

ゾンビに捕まってしまっても、そのままゾンビとして活動できるので飽きませんし、何より、ゾンビが増殖する様をLSチャットを通じて感じる恐怖ww

本当に楽しかったです!
主催のベアさん、お疲れ様でした!
参加した皆さんもお疲れ様でしたよー!
またやりましょう〜!ヽ(´▽`)ノ

<おまけSS>

にげろー!
にーげろー!ヽ(´Д`)ノ
の図、そのいち。

とにかく逃げろ!
にーげろー!ヽ(´Д`)ノ
の図、そのに。
ハチの巣をつついたように散開するミニマップの白い点の流れが面白かったですw

全員捕食!
1回目はめでたく? 全員ゾンビとなった「全滅エンド」を達成w
2回目以降は逃げる側のノウハウが出来てきたせいか、一人二人と逃げ延びる人も出てきましたね。

ピンチ!
生者を取り囲むゾンビたちの図、そのいち。

超ピンチ!
生者を取り囲むゾンビたちの図、そのに。
ルガ様の白タイツが素敵w

ドキドキw
私はこの辺に潜んでましたの図。
エリア境界付近ですね。エリアをまたいできた人は、既にそのエリアにいる人にはすぐ見えるのですが、当人は周りの人が表示されるまでにタイムラグがあります。
その隙に、私はエリアをまたいで逃げる…という算段ですw

ウォルナットマスク!
「DEAD END」画像の元絵…というか元SS。
いや、これでも十分怖いんですけどねww

2011 / 09 / 09 - Friday

ウルダハ・オブ・ザ・デッドVer.W

来る9月11日(日)の21時より、ベアさん主催によるパンデミック型鬼ごっこ
「ウルダハ・オブ・ザ・デッドVer.W」
が開催されます!

詳しくはベアさんの日記をチェック!

【ウルダハ・オブ・ザ・デッドVer.Wのお誘い〜じゃ】

(ΦωΦ)フフフフフフフフフ
ついに、倉庫に封印せしウォルナットマスク+1の出番か…
(☆ω☆)グフフフフフフフ
#いや、マスクかぶる気満々じゃあかんやろw

技MIXなスペースシャトル

久々にプラモ関係の日記をば。

FF14やりだしてからは、まともにプラモを作ってないのですが、気になるキットはちょこちょこ購入してます。典型的な「積んどくモデラー」化ですなw

長い事プラモ製作から離れていたので作りたい衝動に駆られつつも、FFも楽しいので本腰入れて作る時間も取れず…。

という事で、以前から気にはなっていた彩色済みプラモデル「技MIX」の新シリーズ、「スペースシャトル セットA」を買ってみました。

パッケージ
このスケールで3,000円超えてるのは高いような気もしますが、まぁ、かなり綺麗な彩色がされてるので致し方ないのかな〜と。


彩色されたパーツ
中身はこんな感じで、最小限の構成に綺麗なタンポ印刷されたパーツがずらりと。


ランチャーとトランスポーター部
30分もかからずに「モバイル・ランチャー・プラットホーム部」と「クローラ・トランスポーター部」が完成。この部分を組み上げるにしても、パーツ30点にも届きません。彩色はちゃんと汚しも入っているので、結構イイ感じに仕上がります。あ、そうそう、細かいパーツの組み立てには接着剤が必要です。


大きさ比較その1
1/700という事で、スペースシャトル本体はこの大きさw シャトル本体のパーツ構成は、胴体部、翼部、垂直尾翼、大ノズル×3、小ノズル×2…と、たったの7点w それでもかなり雰囲気良く出来てます!ヽ(´▽`)ノ
ノズルはゲート切り離し部分が白く目立つので、タミヤのペイントマーカーでレタッチしました。
外部タンクを取り付ける場合は、翼部パーツに1mmのピンバイスで穴をあける必要があるので注意です。


完成!
というわけで、小一時間ほどで完成!
食玩ではなかなか出せない、程よい精密さと綺麗な彩色。
これイイっスね〜。(*´∀`*)


エンデバーとアトランティス
スペースシャトル本体は「ディスカバリー」「アトランティス」「エンデバー」の3機がセットになってます。ディスカバリーをキャリアに乗っけたので、こちらはアトランティスとエンデバー。

外部タンクやロケットブースターの彩色の違いもちゃんと再現されています。
シャトルの車輪も別パーツで用意されてますので、単体で着陸状態も表現できます。


大きさ比較その2
完成品をライターと並べて大きさ比較。
こうして見ると、かなりこじんまりとした感じがわかるかと。
飾る場所に困らなくて嬉しいですw

技MIXシリーズは初めて買ってみましたが、イイっスね、コレ。
週末にちゃちゃっと作れちゃいますし。

今月に「スペースシャトル セットB」が発売されるようなので、そちらも買ってみようかな〜。(*´∀`*)


<オマケ>

待望のSu-33!

スペースシャトルと同時に、ロシア海軍仕様のSu-33を買いました。
右のは以前買ったアイマス仕様の美希フランカーで、ついでに撮影w

いやぁ、Su-33は待望のキットでした。以前、タミヤ(イタレリ)のSu-27を使った「なんちゃってシュトリゴン」を作成しましたけど、これで本当のシュトリゴン機が作成できますよ!ヽ(´▽`)ノ
…いつできるかわからないけど。('д')

ちなみに、撮影時に美希フランカーのキットを開封して確認したところ、なんと本体パーツが入ってませんでしたw パーツ不足はごくまれにありますけど、肝心の本体パーツが入ってないってのは豪快ですなぁw ハセガワのサポートにメールしたところ、速攻で「送付します」という返事が返ってきました。この辺はメーカーとしてしっかりした対応になるので好感持てますね。まぁ、すぐ製作する予定もないのでゆっくり待ちます。

一昔前なら、プラモは店頭で箱を開け、欠品や破損がないかを確認してからレジに持って行くのが普通だったと思います。あと、中の説明書の塗装指示を見ながら不足した塗料を買ったりとかね。

現在はパッケージをセロテープで開けられないようにしてる場合が多くて、店頭で簡単に中身の確認ができません。購入後、自宅に帰って開けてみて、クリアパーツに傷が入っててガッカリ…って事もしばしば。

主に万引き対策なんでしょうけど、プラモ屋さんでパッケの中身を確認しながら作ってみたい物を選ぶ…ってのも楽しみの一つだったので、ちょっと残念ですねぇ…。

2011 / 09 / 08 - Thursday

残された謎と弟子達のコーデチェック

前回、「ネズミを使った盗賊に関する噂が謎のまま」…と書いたけれど、
考えてみたら「小月ダラガブ異変」の謎も残ってますね。

そもそも、ムーンレットはボンバード殲滅の褒賞品になる予定だったわけですが、ボンバード出現のきっかけとなった各地の隕石落下にも関係があるんだろうか…。

オマケにもひとつ。
今回のイベントでムーンレットを落とす「ムーンイヤー・マウス」と「ムーンアイ・マウス」、容姿と名前、さらに盗賊の噂からして「ネズミ」だとは思うのですが、ヒストリーでは「ムーンラビット」と表現されてます…。月と言えば兎…。月とうさぎと言えば「夢雲来兎伝説」…。
※リンク先の日記は一見の価値アリw

はてさて、はてさて…。
謎は深まるばかりにございますw



まぁ、数多の謎についてはちょっくら横に置いときまして、リムサとグリに出没している彫金師ヨルドウィンさんのお弟子さん達のコーデをチェックしてきましたよ!ヽ(´▽`)ノ

カワウたん
まずはグリダニアのエ・カワウさん。え?川鵜?…ゲフゲフ
エーテ広場を出たところに陣取って嘆いておられました。
という事で早速コーデチェック!

カワウたんコーデチェック!
まず目に付くのが鼻当て部分がちょっと変わったメガネ。こんなデザインのメガネ…は無かったよね?
そして手袋!ヨルドウィン氏が装備していたのと似てますが、手の甲の装飾がないですねぇ。ランクが低い装備なのかな?
あ、ちなみに彫金ハンマー自体は一般的なものだったと思います。
それはそうと、無表情で怖いよカワウちゃん…。



さてさて、お次はリムサ・ロミンサのノルモ・リルモ君。
こちらもエーテ前に陣取って嘆いております。

ノルリル君
まず、見慣れないダブレットを着てますが、これは色合いからすると軍票で交換可能な「グリダニアンダブレット」かな?

ノルリル君コーデチェック!
そして細部。まず目につくのは模様(刺繍?)が施されたスカーフですかね。
そして手袋。これもカワウちゃんと同じものと思いきや、親指の保護部分がありませぬ
むむむ、これはさらに低ランク装備みたいだ…。



ということで、エ・カワウちゃんの方が兄弟子である事が判明!
これでひとつの謎が解けました…。(マテ)

2011 / 09 / 07 - Wednesday

月に代わって♪お仕置きだべぇ〜☆

シェイクススピア四大悲劇のひとつと言えば、[  ]レット。
トイレに置くだけといえば、[   ]レット。
お子様の成長に合わせて3ステップトイレトレーニングと言えば、[   ]レット。(知るかッ!)

…はい! というわけで!
今回の公式イベント「ハンターズムーン」のアイテム、「ムーンレット」を無事ゲットしました♪

THE MOONLET COLLECTION
ひとまず Sakakura 4姉妹全員分確保!ヽ(´▽`)ノ


さてさて、イヤリングの画像は他にも多数UPされてるでしょうから、ちょっと目線を変えて、イベントNPCであるヨルドウィン氏のファッションチェックー!ヽ(´▽`)ノ

彫金師ヨルドウィン
モノクルが似合う渋いオッサンですなぁ。バーガンディともちょっと色味の異なるダブレットが特徴です。

金ぴかクラコーは趣味じゃないのでどうでも良いとして(マテ)、ちょっと気になるのが手袋!
あと、ムーンレットを作成した彫金師…という事で彫金道具!

未知の装備!
手の甲の装飾と親指だけ保護しているような感じの手袋。なんかカコイイ!(*'ω'*)
そして彫金ハンマー。色合いからすると、主材はミスリルですかね?
現状、最終彫金ハンマーがスチール主材なので、さらに上位のハンマーみたいですね。
キャップ解放されて装備できる日が楽しみです♪(*´∀`*)


で、ハンターズムーンはこれで終わりかって?
まぁ、その可能性も多分にありますが、私は派生イベントが来るんじゃないかな〜と思っています。

4人分のムーンレットを確保するために、それなりの数のムーンラビットを異界送りにしていたのですが、そのおかげでイベント関連のヒストリーが二つになってますねw
ヒストリー

結局、「盗みにネズミを使う盗賊」に関してイベントNPCに聞いてみても「噂」の域を出ていませんし、事件の全容はまだまだ解明されていません。

今後の動きに期待したいです。

2011 / 09 / 05 - Monday

鍛冶50になりました♪

クラフター職は全部同じようなランクを保ちながら上げているので、なかなかR50に到達できていませんでした。
それでも、「メインは鍛冶!」と思っていたので、鍛冶だけは優先的に上げてました。

そしてようやく…
鍛冶がR50に到達しました!

ランクUP!!
R50になった瞬間のSS…なんだけど、かなり残念な感じにw
成功報酬がドカッと入ったタイミングでUPしたので…。
普通に合成している時にUPするように調整しておくんだったな〜と激しく後悔。orz

まぁ、それでも目標の鍛冶50を達成できたので、お祝いですよ!

ドイツの白が好き!!
…ってことで、ワインを開けましたw

オイゲン・ヴェーアハイム醸造所のリースリング種のアウスレーゼです。
ワインに関してはドイツの白が大好物なのです。
ドイツの白は甘くて飲みやすいです。ほぼジュースですw

でもこれはちょっと甘すぎた!
シュペトレーゼで良かったかもしれん…。

でも嬉しいからぐびぐび飲んじゃうよ!ヽ(´▽`)ノ

 :
 :
 :

…速攻で酔いが回って眠くなって落ちましたw

2011 / 09 / 03 - Saturday

日々徒然 〜クラフターがんばってます編〜

怒涛のイベント満載だった8月後半、とっても充実したエオルゼア生活でしたよ!
いや〜、楽しかったけど、祭りの後の寂しさというか、燃え尽きたというか…。
と、ちょっぴりおセンチな気分になっていたりしましたが、次なる公式イベント「ハンターズムーン」の情報も出てますね〜。楽しみです!(*´∀`*)

さてさて、今回は撮り貯めたSSを放出シリーズ、「日々徒然」をお送りいたします。('д')ノ


<のほほん日和>
もんちっち♪
一家に一台!もんちっち!(*'ω'*)

御意ッ!
シュタタッ!「お呼びでございますか、親方様」「うむ…」
…的な。('д')

ハーレクインキャップ♪
みいなはハーレクインキャップを手に入れた!
「ネタ装備キター!」と思ってかぶってみたら…
…意外と似合ってるような気がするというね。('д')

鼻水…
で、アングルを変えて見ると、「涙」の装飾部分が鼻水に見えちゃうという…ね。('д')

ボムフライパン!
調理42になったので、憧れのボムフライパンに新調!
イイネ!カワユス!ヽ(´▽`)ノ


<HQ!HQ!>
クラフターの醍醐味と言えばHQ品の製作!
高品位素材をかき集めたり、たくさんの材料を調達して挑戦してます!
ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる!ヽ(`Д´)ノ

アイアンファイルDX+3!!
鍛冶R50が見えてきたので、鍛冶道具のHQ品に挑戦!
副器のアイアンファイルDXは見事に+3が!ヽ(´▽`)ノ
主器のヘヴィクロウビークハンマーも20本ほど作って挑戦しましたが、+2どまりでした…。(ノ▽Τ)
R50になったら再挑戦するんだー!ヽ(`Д´)ノ

ジェイドクルーク+2!
幻術R50目前で作ったジェイドクルーク。
当時、木工はまだR40しかなかったんですが、HQ素材を揃えて何とか+2が出来ました♪

フューシャバンダナ+1
ようやく作れるようになったカンバス系バンダナ!
フューシャバンダナでHQ!ヽ(´▽`)ノ
この画像では+1ですが、その後+2も出来てます。
でも、ホントに欲しいのはウォードバンダナのHQ…。
なぜかウォードだとHQ出来ない…。orz

ネフライトェ…
品質539のNQネフライト…。(ノ▽Τ)
まぁ、偶然性が強いからこそHQに意味があると思ってますけどね。
なので、HQ素材を揃えてしまえば「必ず」HQになる…という仕様変更には、個人的にちょっと違和感を感じています。
HQ素材を集めるファイターやギャザラーの重要度は増しますが、クラフターはただ「組み立てるだけ」の存在になってしまうというね…。


<その他☆色々>
総天然色
総天然色!

くるっ!
くるりん!

どっか〜ん!
どっか〜ん!

ぽろろろ〜ん♪
ぽろろろ〜ん♪
心を込めて歌います…
ぽろろろ〜ん♪
では、お聴きください…
ぽろろろ〜ん♪
津軽海峡冬景色