« December 2011 | Main | February 2012 »

2012 / 01 / 27 - Friday

オリジナルカクテル『プリンセス・ナナモ』

今回は、ウルダハの幼j…げふげふ、女王陛下『ナナモ様』をイメージしたカクテルをご紹介します。

その名も 『プリンセス・ナナモ』

Princess Nanamo

可憐ながらおてんb…快活なウルダハのプリンセスだった「ナナモ・ウル・ナモ」。
ウルダハの民に愛されてやまない彼女も、今は女王陛下。
そんな、かつての「ナナモ姫」の淡いピンクをイメージしたカクテルです。


≪レシピ≫
 クレーム・ド・ストロベリー …… 20ml
 アプリコット・ブランデー  …… 10ml
 牛乳(低脂肪タイプ) …………… 適量

≪作り方≫
 氷を入れたオールドファッショングラス(ロックグラス)に材料を入れ、
 色が均一になるまでステアします。


ストロベリーの爽やかな甘さに、アプリコット・ブランデーを加えてちょっとだけ落ち着いた感じに。
アルコール度もそれほど高くなく、甘くて飲みやすいので、これも女性におすすめです!
ストロベリーとアプリコットのハーモニーをお楽しみください♪
ナナモ様の髪の色より、ちょっとだけ濃いピンクになるような濃度が私の好みですが、牛乳の量を加減して、お好みの比率を探してみるのもイイと思いますよ〜!

今回、私が使った材料の銘柄はこちら!
今回の材料
ベースのストロベリーリキュールは、ルジェの「クレーム・ド・ストロベリー」です。
ラベルには「Creme de Fraises」と書かれてますが、フランス語で苺の事を「Fraise(フレーズ)」というそうです。

そしてボルス(BOLS)のアプリコット・ブランデー。杏子で作った蒸留酒です。

牛乳ですが、低脂肪タイプの方がリキュールの風味・香りを殺さず、すっきりとした飲み口になるのでお勧めです。


さてさて、前回でひと区切りつけるはずだったんですが、オマケでもう一品考案してみましたw

先日「エシュテム・トパーズ」のネーミング募集をしてみたわけですが、ふうもさんが考えてくれた「ナナモ・ジョーヌ」というネーミングに触発されて、「ナナモ様をイメージしたカクテルを作ってみたい!」と思い立ちました。で、「プリンセス・ナナモ」という名前がパッと浮かんだので、まず名前を先に決めてから、レシピ開発に移行したわけですが…。

レシピ完成後、イメージ編集用に以前撮ったナナモ様登場シーンのSSを探してたんですが、イベント中のセリフで「女王陛下!」と呼ばれてるのを見つけたんですね。つまり、プリンセスではなくて「クイーン・ナナモ」だったわけですよ…。(ノ▽Τ)タハー

カクテルのイメージとしては「お姫様」のかわいらしさを表現したつもりだったので、名前を「クイーン・ナナモ」に変えるにはちょっと…。と、いう事で、ナナモ様が女王になる前、お姫様だった頃に考案されたカクテル…って事でいいかな〜とw 「クイーン・ナナモ」はまた別の機会に。(´∀`)

という事で、これでオリジナルカクテルシリーズはひとまず終了!
今回ご紹介したレシピは、それほど難しくはないと思うので、ぜひお試しいただけたらな〜と。
そして感想なんか聞けたら幸いです。(*´∀`*)

2012 / 01 / 22 - Sunday

ウルダハカクテルのネーミング決定!

完全に思いつきで始めた3国イメージカクテルですが、評判が良かったようで何より!ヽ(´▽`)ノ
あとは、実際に飲んでみての感想が聞けたらもっと嬉しいんですがw

さてさて、前回、ウルダハをイメージしたカクテルを考案したものの、ネーミングが決まらずに丸投げ募集をしたら素敵な名前がたくさん寄せられましたッ! ううぅ…ホントありがとうございます!よよよ…。(ノ▽Τ)
The Lodestone側の日記でたくさんのネーミングが寄せられました!

では早速、厳選なる脳内会議を経て選出したベストネーミングを発表いたします!Σ\(>▽<)

ドルルルルルルル…ジャン!

Eshtaime's Topaz

ハイ!ご覧のとおり、スゥさん考案の…

「エシュテム・トパーズ」

…に決定させて頂きました!ヽ(´▽`)ノ

いやぁ、さすがスゥさんというか、ひねりつつも絶妙な具合でイメージぴったり! ホント脱帽!

彫金ギルドの工房を直営する「エシュテム」に、黄玉と呼ばれる宝石「トパーズ」という組み合わせ。しかも、トパーズのアイコンを見ると、「黄色」と言うよりも、琥珀寄りのカクテルの色に結構近いんですよね。語呂もかなり良い感じだし、これが一番ぴったりかな〜と思って選ばせて頂きました!


ところで、ウルダハのナル大門に隣接している路地、「トパーズレーン」って名前なのをご存知でした?(´∀`)
へぇ〜!


超素敵な名前を考えてくださったスゥさんに大感謝!ヽ(´▽`)ノ
そして、他にもナイスなネーミングをしてくださった方々も、ほんとに感謝ですよー!ヽ(´▽`)ノ


さてさて、とりあえずオリジナルカクテルシリーズ(?)はこれで終了…のつもりだったんですが、色々なネーミングを見ているうちに、「この名前だったら、どんなレシピが合うかな〜」と逆の発想に繋がったりもして、もうちょっと続けたい気もしますw んが、今回の3つのレシピ開発だけでも、新たに買い足した材料費で軽く5千円は超えてまして…w と言うことで、気が向いたら(資金的に余裕が出来たらw)またやってみたいと思います。

ただ、「プリンセス・ナナモ」というカクテルだけはちょっと作っておきたい! 既にレシピのイメージは固まりつつあるので、近いうちに紹介できたらな〜と思いまする♪(*´∀`*)b

2012 / 01 / 21 - Saturday

オリジナルカクテル『ウルダハイメージ(仮)』

今回は、砂の都市ウルダハの『黄・金』をイメージしたカクテルをご紹介します。

その名も……

な、名も……………

………………。(;'д')


い、いやぁ〜、実は良い名前が浮かばなくて。(^▽^;ゞ
と言うわけで…。

このカクテルのイメージにぴったりの名前を募集します!
※詳しい募集要項は後述します

Uldah Image

ラウンジ「クイックサンド」の女主人、モモディさんからの紹介です。

『このカクテルはクイックサンドの一番人気!
 とてもサッパリとした飲み口だから、男女問わずに好まれてるわ。
 特に鉱山帰りの鉱夫さん達が浴びるように飲むんだけど…もうちょっと味わって欲しいわね。
 そうそう、飲む前にサンレモンを軽く絞って、レモンごとグラスに落とし入れてね。
 絞りの強弱で結構味が変わるから、お好みの味を探してみるのも楽しみ方のひとつよ。
 ウルダハで一攫千金を夢見るなら、景気付けに一杯どうかしら?
 だけど、ゆめゆめ忘れないでね。富も権力も、弾けて消える炭酸の泡の如し…ってね。』

そんなウルダハの「魅惑の黄金」をイメージしたカクテルです。


≪レシピ≫
 ブランデー ……………… 30ml
 ドライ・ベルモット …… 15ml
 ジンジャエール ………… 適量
 レモン  …………………… 1/8カット


≪作り方≫
 氷を入れたコリンズグラスに、ブランデーとドライ・ベルモットを注ぎます。
 次にジンジャエールを適量注ぎ、グラスを満たします。
 バースプーンで、底から持ち上げるように軽く2〜3回ステアします。
 最後に、カットしたレモンをグラスに添えます。

 ※「コリンズグラス」とは、写真のような円筒状のグラスです
   なければタンブラー(コップ)でもOKです
 ※「バー・スプーン」とは、カクテルで主に材料を混ぜる時に使われる細長いスプーンです


≪飲み方≫
 添えられたレモンを軽く絞って、絞ったレモンをグラスに落とし入れて飲みます。
 絞り方が強いほどサッパリした口当たりになります。


ティノルカ、リムサとショートタイプのカクテルが続いたので、最後はロングタイプで。
ジンジャーエールとレモンの風味が口当たりよくサッパリとしてます。
後味にブランデーとベルモットのほのかな甘みが感じられると思います。
アルコール度もかなり低めなので、数杯飲んでも大丈夫…かな?w

今回、私が使った材料の銘柄はこちら〜♪
今回の材料
ベースのブランデーは、ヘネシーのV・S 。カクテルの材料で使う場合は安いもので十分です。高価なブランデーはそのまま飲みましょうw

ドライ・ベルモットは、「チンザノ・エクストラドライ」です。

ジンジャエールは辛さ抑え目の「カナダ・ドライ」を使いましたが、「漢なら黙ってウィルキンソン!」と言う人はウィルキンソンでもいいかもしれませんw 試しにウィルキンソンでも作ってみたのですが、私には辛すぎでした。orz

生レモンが用意できないときは、カクテルレモンやサワー用のレモンで代用できますが、やはり生のレモンを使う方が圧倒的に美味しいです。見た目的にも良いですしねw


で、問題のネーミングですが、最初は「ゴールド・ラッシュ」ってのを思いついたんですが、同名のカクテルは既にありますし、そもそもザナラーンやウルダハをイメージさせる単語が入ってないし…。「ギル・ラッシュ」ってのもちょっと違うし、「ウルダハン・ゴールド」って語呂がイマイチな上に栄養ドリンクみたいだしww …と、色々考えてみたんですが、どうにもこうにも素敵なネーミングができん!ヽ(´Д`)ノ

ってことで、
みんなの知恵をオラにわけてくれえぇ!!ヽ(`Д´)ノ
#ゴッドセンド「他力本願」発動!


ネーミングのルールですが「ウルダハやザナラーン地方由来の単語が含まれていればOK」とします。地名、人名、組織名、何でもいいです。あと、このカクテルのイメージカラーは「金」なんですが、色のイメージを無理に押し込む必要はないです。


思いつきましたら是非コメントにてナイスネーミングをご披露ください!
お一人で複数投稿してくださっても結構ですよ〜!
私の独断で「これはッ!!」ってネーミングを採用させて頂きます!
採用の際のご褒美は特にありませんけどw (^▽^;ゞ

2012 / 01 / 20 - Friday

オリジナルカクテル『リムサ・ロミンサ』

今回は、リムサ・ロミンサの『赤』をイメージしたカクテルをご紹介します。

その名も 『リムサ・ロミンサ』

Limsa Lominsa

船の上ではキツイ酒を浴びるように飲む海賊たちも、
丘に上がれば、甘いカクテルで女性を口説こうとします。
カシスの口当たりの良さと、完熟パイナップルのトロピカルな香り。
やわらかな甘さと、ちょっと複雑な香りが、貴方を惑わせるかもしれません…。
そんなリムサ・ロミンサの「情熱の深紅」をイメージしたカクテルです。


≪レシピ≫
 クレーム・ド・カシス … 20ml
 パイナップリーナ …… 10ml
 白ワイン(辛口) ……… 45ml

≪作り方≫
 材料とミキシンググラス、カクテルグラスをよく冷やしておきます。
 ミキシンググラスに材料を入れ、色が均一になるまでステアします。
 最後に、カクテルグラスに注ぎます。

 ※「ステア」とはかき混ぜる事を言います
 ※ミキシンググラスがなければ、タンブラーとかでもOKです


カクテルに詳しい方は既にお気づきかもしれませんが、これは「キール」のアレンジですねw
結構甘いので、特に女性におすすめ。(´∀`)ノ
今回も材料が全てお酒ですが、それほどアルコール度はきつくはないので飲みやすいです。
フルーティな口当たりと、トロピカルな香りをお楽しみください♪

今回、私が使った材料の銘柄は下記の通りです。
今回の材料
ベースの白ワインは、ジネステ社の「ダム・ド・フランス」というそうです。
大好きなミュシャのラベルに釣られて買ってみただけですw
辛口の白ワインなら何でもいいです。安いもので構わないですよ〜。
カシスとパイナップルのリキュールがとても甘いので、辛口の白ワインを使った方がバランスが取れます。

カシスリキュールは、一番メジャーなルジェの「クレーム・ド・カシス」。

そして今回のポイントとなる「パイナップリーナ」。
完熟パイナップルのような強い香りと、程よい酸味が面白いリキュールです。


名前は「ロミンサン・サンセット」とか「ラノシア・ロッソ」とか色々考えてみたんですが、ストレートに「リムサ・ロミンサ」にしました。「りむさ・ろみんさ」って言葉の音が、個人的に好きなんですよね〜。
「マンハッタン」とか「ニューヨーク」といった都市の名前がついたカクテルも結構あるので、これもアリかな〜とw

という事で、材料さえ揃えれば混ぜるだけで出来上がりですから、前回よりも簡単ですよ〜w
あま〜いお酒がお好きな方は、是非お試しください。(*´∀`*)b

次回はウルダハをイメージしたオリジナルカクテルをご紹介しますです!

2012 / 01 / 19 - Thursday

オリジナルカクテル『ティノルカ・グリーン』

どういうわけか…

 「3国をイメージしたカクテルを作ってみよう!」

…と、突然思い立ちまして、久々にカクテル道具を引っ張り出し、
イメージに合う材料を集めて、ここしばらくレシピ開発に勤しんでました。

そして、色々試飲しているうちに毎日酔っ払って、
ここ数日まともにエオルゼアにインできなかったというねw


というわけで今回は、グリダニア周辺に広がる黒衣森の『緑』をイメージしたカクテルをご紹介します。

その名も 『ティノルカ・グリーン』

Tinolqa Green

森の精霊たちの優しき守護を思わせる口当たりの良さながら、
キックの強さはあらぶる精霊の如く。
そして、日の光を浴びた鮮やかな緑をイメージしたカクテルです。


≪レシピ≫
 MIDORI ………………… 45ml
 ブルー・キュラソー … 15ml
 ウォッカ ………………… 30ml

≪作り方≫
 材料をシェイクし、カクテルグラスに注ぎます。
 ※グラスは丸型を推奨


全ての材料が「お酒」で、しかもウォッカが1/3を占めるので、アルコール度数は結構高いです。
調子に乗ってグイグイ飲むと速攻酔いますのでご注意をw

今回、私が使った材料の銘柄は下記の通りです。
今回の材料
ベースの「MIDORI」はサントリーが販売しているメロンのリキュールです。甘くてフルーティで美味しいです♪ ロックはもちろん、ソーダ割りなんかも美味いんですが、オススメはミルク(牛乳)割り!(*´∀`*)

ブルー・キュラソーは一番メジャーだと思われる「ボルス(BOLS)」。

そしてウォッカは私のお気に入り「スカイ(SKYY)ウォッカ」です。クセのない透明感あるキレの良さが特徴で、カクテルベースとしての相性は抜群です。


さてさて、「グリダニア」をイメージする色として、私は「緑」が思い浮かんだんですが、実は、国旗もグランドカンパニー旗も「黄」が基調色なんですよね…。

この事に気付いたのは「ティノルカ・グリーン」と命名した後だったので、黄色っぽいレシピに替えるか相当悩みました。

ですが、森をイメージさせる色もさることながら、「口当たりの優しさ」と「キックの強さ」の二面性が「精霊」の表現にぴったりだったので、あえてこのままにしました。

「黄」は、どちらかというと「砂の都」「金が全て」のウルダハのイメージなんですよねぇ〜。でも、ウルダハ国旗や不滅隊旗のベース色は濃い緑なんですよねw

リムサはとにかく「赤」のイメージが強かったので何の問題もないんですが。


という事で、シェイカーをお持ちの方は是非お試しください。(*´∀`*)b
リムサとダハをイメージしたオリジナルカクテルも近いうちに紹介できればと思います。

2012 / 01 / 05 - Thursday

今年もよろしくです!

すっかり遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いしますなのですです!ヽ(´▽`)ノ

正月は帰省もせずに、家でずっとFF13-2をプレイしてましたw
いやぁ、面白い面白いw (*´∀`*)

さてさて、先日「忘年&新年会をやりましょう!」…ってことで、大晦日の夜、予定時間直前にハーストミルに行ってみたら、既に凄い人数が…。

想定外('д')

いやー、正直、集まるのは知り合いばかりと高を括ってたので、イベントめいた用意は何もしてませんでした。慌てて挨拶文を考えて乾杯の音頭とって…の後は、やっぱりグダグダになっちゃいましたね。(ノ▽Τ)

というわけで、「だらだら忘年会」のつもりが、「ぐだぐだ忘年会」になってしまって申し訳ないです!
イベントやるならもうちょっと考えないと〜と、最後の最後に反省することになりました。

それでもあっという間に年は明け…

スノーマン!

そのまま新年イベントに突入w

私は最初の兜を貰って、速攻でフラッドショアに飛んで、初日の出鑑賞ポイントである最東端の岬へ向かいました。

初日の出!

初日の出の瞬間は数名だけw
今年も空気を読まない天候プログラムのおかげで、曇りでの初日の出となってしまいましたが…。
昨年の雨よりはマシかな?w

集合!

しばらく日の出を眺めていたら、ぼちぼち人も集まってきました。
早速三国まわってすべての兜を集めた猛者もいらっしゃいましたねw

土下座!

てな感じで、改めて、今年もよろしくお願いします!