« バーラムダ初見PT | Main | Manaの愉快な仲間たち »

NieR:Automata はじめました

先日のFF14ファンフェスにて、次の24人レイドが NieR:Automata とのコラボ、題して「YoRHa:Dark Apocalypse」となる事が発表されました。

以前から NieR の高評価は聞いてましたし、世界観的にも私好みなのでプレイしたいなとは思いつつも、これまで手を伸ばしてませんでしたが、FF14とのコラボも決まったしプレイしようかと!

ちょうどGW期間に実施されていたセールも終わってしまうしね!

メニュー画面

というわけで、PS4のダウンロード版を購入し、小一時間ほどインストールを待って開始。


冒頭シューティング

で、いきなりシューティングが始まってビビるw

まぁ、シューティングが本題ではないのでガチな難易度ではないんですが、キャラアクションだと思い込んでいたので冒頭の演出にはびっくりしましたw


コントラスト

そして本編へ。


発売当時、フレたちがTwitterなんかで「グラフィックが綺麗」と絶賛していたので、まぁそうなんだろうなと思いながらも、実際に自分が操作する動く画面でみると、やはり感激度が違いますね。 いやホント綺麗です。

特に空気感と光と影のコントラストが秀逸で。

そんな序盤の風景を、ネタバレしない程度に撮影してみました。


都市地帯1

都市地帯2

都市地帯3

序盤の舞台となる都市地帯。

廃墟となったビル群と、巨大な樹木との組み合わせがこの世界の状況をストレートに感じ取れて。 そして空と光の空気感がホント好きです。


砂漠地帯1

砂漠地帯2

砂漠地帯3

砂漠地帯に踏み込んだ時にガラッと変わる空気感もまた素敵で。

そして、巨大団地の廃墟の存在感たるや…。


遊園地

遊園地…。

ネタバレしたくないので入口の1枚だけにとどめておきますが、ここでのストーリーもBGMも最高っスね。


森林地帯1

森林地帯2

森林地帯3

そして森林地帯。

まだ足を踏み込んだばかりですが、ここも鬱蒼とした空気感が最高ですね。


で、ここまで進めた上での所感。

まずストーリー面ですが、2Bや9Sのアンドロイド達は「感情に乏しく、ストーリーを進めるにしたがって感情豊かになっていく」…んだと勝手に思ってましたが、実は最初から感情豊かだったことに驚きを感じました。 今後彼女たちが、どう感情を揺さぶられていくのかが楽しみです。

アクション面ですが、こちらも非常によくできているなと感じますが、うまく進めるためにはトリガー部に指全部当てて同時押しを有効に使わないと辛いってのがきつい…。 しかしまぁ、この程度の操作がすんなり身につかないあたり、もう老化も甚だしいなと…ま、がんばろw (ノ∀`*)ペチッ

あとねー。

グルポ欲しいわwww

©2017-2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All rights reserved.

Post Coment

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

Miina Sakakura @ Masamune

みいな 正宗鯖でプレイ中!

クラフターメインですが、基本出来ることは何でもやりたがりますw
≪2012/11/03 00:00 時点≫
闘術 剣術 斧術 弓術 槍術 盾 呪術 幻術
50 50 50 50 50 - 50 50
木工 鍛冶 板金 彫金 革細工 裁縫 錬成 調理
調
50 50 50 50 50 50 50 50
採掘 園芸 漁釣
50 50 50

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

My Pages